本文へスキップ

抜群の雪質と進化を続けるスノーパークコース


アクセスaccess

周辺地図


より大きな地図で 矢島スキー場 を表示

アクセス


●道路状況
〇スタッドレスタイヤ装着車でFFまたは4WDであれば道中問題なくスキー場までは大丈夫と思われます。
〇ただ、気温が下がった場合、矢島町からスキー場まではカーブが多い為、
スリップには注意
〇また、風雪が強い場合吹き溜まりが出来る個所があるため注意が必要。チェーンについては装着できれば万全なのは言うまでもあ りませんが、慎重な運転であれば無くてもスキー場まで行けます。
〇FR車(特に大パワー)は凍結時にはチェーンが必要となる場合があります。
○矢島スキー場と鳥海猿倉を結ぶ市道猿倉花立線は災害により現在全面通行止めとなっております。
猿倉温泉方面からは、矢島地域より迂回となりますので、ご了承願います。
●秋田市方面から
 通常秋田、本荘方面からお越しの場合、国道108号線で矢島地域内を経由しスキー場へ向かわれると思いますが、矢島地域内〜スキー場間が比較的曲がりくねった道路となっております。
 このため運転にあまり自信がない、とお感じのお客様には、西目地域から入るルートをお勧めしています。
@おすすめルート
 国道7号線を南下し、「道の駅にしめ」を過ぎて約1.5kmの信号(西目高校を過ぎてすぐ)で左折します(西目駅へ曲がるところ)。
 その後道なりに進み、県道32号線(主要地方道仁賀保矢島館合線)との十字路を左折。その後は、スキー場及び花立牧場公園の看板を目印に、道なりで20分弱で花立T字路に来ますのでそこを左折し、約2分でスキー場入り口です。

 国道7号線〜県道43号線〜県道285号線(冬師西目線)〜県道32号線〜スキー場到着
A通常ルート
 国道7号線から本荘大橋を渡り直後に左折し、市内を抜けてJR羽越線跨線橋を渡ったところで右折し、国道108号線にて矢島地域へ。
  国道7号線〜国道107号線〜国道108号線〜県道32号線〜スキー場到着

▲特に危険な個所
・108号線由利地域踏み切り近くのカーブ(凍結時の事故が 多い)
・108号線由利地域カントリーエレベーター付近。(風雪時 、凍結時)


●酒田市・象潟方面
@おすすめルート
  国道7号線から象潟庁舎へ入る信号(県道58号線より一つ金浦寄りの信号です)から市道に入り、道なりに進むと県道289 号線との十 字路に出ます。そこを直進し県道312号線・県道285号線を走ると県道32号線との十字路に出ますのでそこを右折します。あとは道なりに走り約20分でスキー場着です。

 
※県道58号線から入っても行けますが、上記ルートの方が迷わず行けます。
  国道7号線〜市道〜県道312号線〜県道285号線〜県道32号線〜スキー場到着
A慣れた方が通るルート
  国道7号線から「エリーゼ」の交差点を曲がり町道を走ります。しばらくすると右手に栗山池公園が見え、それを過ぎると鳥海ブルーライン との十字路に出ますので左折。しばらく進むと県道58号線とぶつかるので右折。道なりに進むと←矢島・仁賀保/→中島台の道路看板がありますので左折し県道285号線に出ます。2,3分で県道312号線へ右折します。その後は上記おすすめルートと同様です。

  国道7号線〜市道〜県道131号線〜県道58号線〜県道289号線〜県道312号線〜県道285号線〜 県道32号線〜スキー場到着

▲特に危険な個所(@、Aルート共通)  
・帰りは坂道が長いので国道に出るまでは特に注意が必要。県道312号線(パノラマライン)は途中吹きさらしの場所があるので脱輪に気をつけてください。

●湯沢、雄勝方面
  国道13号線から国道108号線へ矢島着からは下記@(矢島地域からスキー場)へ
 
国道13号線〜国道108号線(松ノ木峠)〜県道32号線〜スキー場到着

●横手・大曲方面
 (横手方面)
  国道107号線で本荘方面、市内直前にローソンがありますのでそこを左折、信号機のある十字路を左折で、国道108号線。   矢島到着後は下記@(矢島地域からスキー場)へ。
 (大曲方面)
  国道105号線で本荘地域、市内を抜けて国道108号線にて矢島地域へ。到着後は下記@
(矢島地域からスキー場)へ。
@矢島地域からスキー場
  本荘地域方向からきた方は、矢島地域に入ってから左手にローソンが見えてきたら次の信号から100M先を右折。 (そこにA-COOPがあり、前に青色の看板があります。)次の十字路も真っ直ぐ行くと坂道を登りT字 路にぶつかりますので右折で後は道なりで山を登っていきます。
   鳥海地域方面からきた方は、マックスバリュー方向に向かい左折あとは道なりで山を上っていきます。マックスバリュー近辺から天気が良ければスキー場が見えます。