1. トップページ >
  2. ニュースボックス >
  3. 新着ニュースボックス >
  4. 地域おこし協力隊員((仮称)木のおもちゃ美術館立ち上げ・管理運営部隊)を2名募集します
  1. トップページ >
  2. ニュースボックス >
  3. バックナンバー >
  4. 地域おこし協力隊員((仮称)木のおもちゃ美術館立ち上げ・管理運営部隊)を2名募集します
  1. トップページ >
  2. 行政情報 >
  3. 人事行政 >
  4. 地域おこし協力隊員((仮称)木のおもちゃ美術館立ち上げ・管理運営部隊)を2名募集します
  1. トップページ >
  2. 組織・機構(各課業務案内・お問い合わせ) >
  3. 木のおもちゃ美術館整備推進事務局 >
  4. 地域おこし協力隊員((仮称)木のおもちゃ美術館立ち上げ・管理運営部隊)を2名募集します

地域おこし協力隊員((仮称)木のおもちゃ美術館立ち上げ・管理運営部隊)を2名募集します

 現在、整備事業に着手している「(仮称)木のおもちゃ美術館」。
この施設は、国登録有形文化財であり、地域の方に長年愛され、守られ続けてきた「旧鮎川小学校」に、年間15万人の来場者を誇る「東京おもちゃ美術館」の監修のもと設立されます。館内には、地元産の木を使ったおもちゃや大型遊具を設置いたします。
 しかし、この美術館は、「子どもが楽しむための施設」というだけでなく、市内の林業関係者や子育て支援団体の新たな活躍の場として、子どもから大人までが楽しめる「多世代交流・木育美術館」とすることを目指しています。

 この度の募集に関しては、この準備をより円滑に、また力強く企画・進行するための「美術館立ち上げ部隊」としてだけでなく、完成後の管理運営スタッフとしても活躍していただける方の応募を期待するものです。


 「(仮称)木のおもちゃ美術館」は、単純に建物を設計するだけでは完成しません。
設立後、市民に末永く愛され、支えられ、また市外からも多くのお客様をお招きするために、ヒト、モノ、コトを同時進行でデザインしていくこと、私どもはその部分に重きを置き、設立に向けた準備を進めています。

・由利本荘産の新しい木のおもちゃの開発ができないだろうか?
・木のおもちゃの魅力や遊び方を多くの方に知ってもらうことはできないだろうか?
・市内外から、この「(仮称)木のおもちゃ美術館」をサポートしてくれる仲間を募るにはどうすればいいだろう?
・どうすれば世代を超えた市民の溢れるばかりの笑顔に出会えるだろうか?

 平成30年7月の開館に向けて、様々な課題を一緒に解決し、地域に新しい価値を生み出していく、そんな力強い仲間を募集させていただきます。

美しい霊峰「鳥海山」の麓に広がる、水と緑の豊富な秋田県「由利本荘市」。
東北・北海道地方では初めての「おもちゃ美術館」は、この地の自然資源と、人的資源を最大限に生かし、次なる世代へ繋いでいく、そんな美術館になることを願っています。

どうぞお力をお貸しください。
多くの方からのご応募お待ちしております。

-お問い合わせ-
木のおもちゃ美術館整備推進事務局
電話番号0184-24-6312
FAX番号0184-24-6327
添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

  1. トップページ >
  2. ニュースボックス >
  3. 新着ニュースボックス >
  4. 地域おこし協力隊員((仮称)木のおもちゃ美術館立ち上げ・管理運営部隊)を2名募集します
  1. トップページ >
  2. ニュースボックス >
  3. バックナンバー >
  4. 地域おこし協力隊員((仮称)木のおもちゃ美術館立ち上げ・管理運営部隊)を2名募集します
  1. トップページ >
  2. 行政情報 >
  3. 人事行政 >
  4. 地域おこし協力隊員((仮称)木のおもちゃ美術館立ち上げ・管理運営部隊)を2名募集します
  1. トップページ >
  2. 組織・機構(各課業務案内・お問い合わせ) >
  3. 木のおもちゃ美術館整備推進事務局 >
  4. 地域おこし協力隊員((仮称)木のおもちゃ美術館立ち上げ・管理運営部隊)を2名募集します